GLITTER REAL

気ままに写真.模型.サッカーを楽しむ自由人  [this camera has the reflexes of a professional photographer.]

 

PENTAX-FA 28-70mm F4のこと

久しぶりにレンズの話

今回はFAレンズです
(^-^)

PENTAX-FA 28-70mm F4
というレンズで
とても安く手に入ります
…だいたいオークションで数千円

このレンズはMZシリーズのころに標準レンズとして
付けられていたようで
軽くてMZシリーズには合いますね

MZ-3を持ってますが見た目もバッチリ
これは気持ちが良い

F4通しが目につくわけですが
巷の記事にもあるようにF4通しといいながら
解放側が犠牲になっているF4通しですね

まぁ解放F4でも相当歪みますので
構わない決断でしょう
むしろF4通しという格が付きますから
良いわけです(^-^)

いつも解放では撮らないので全く問題なし
F8好きにはお手軽レンズです
絞って撮ると確かにシャッキリと輪郭が出て
繊細な絵になりますね

特にPENTAXのデジタル一眼レフに搭載の
ファインシャープネスなどを強めると
ぐっと引き締まった仕上がりです

52mmというレンズ口径も大きすぎず良し
K-30なんかに装着すると軽くて
フットワークよくなります
=(^.^)=

フルサイズ対応ですのでAPS-Cサイズでは
28mmが広角端だと少し狭いですね
特に広めを好む自分としては少々難あり
それでもこの軽さと望遠端の画角は助かりますので
常用したいものです

今回はK-7に装着し
ISO400固定の鮮やかモード
ホワイトバランスはオートで撮影してきたものを
載せておきます

ISOは200までにしたかったんですが
撮影日は曇天
∑(゚Д゚)
曇天での撮影ということで
コントラストを強くしています


安くて使えるレンズ
PENTAX-FA 28-70mm F4 AL






















スポンサーサイト

タミヤ 1/48 ソビエト自走砲SU122 完成



よーやく完成です
タミヤ1:48ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲 SU122

今回も楽しめました!!
















タミヤ 1/48 ソビエト自走砲 SU122 その6



タミヤ 1:48 ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲 SU122

塗装段階に入ってます

まずはメタリックグレイで履帯を塗ります
しかしそのままだと銀銀しますので二度塗りで
薄いフラットブラックを塗っておきます





そして車体へ
ロシアングリーンを塗りますが
かなり薄めです

この薄めのロシアングリーンを3回塗っていきます

下地のハルレッドがほんのり出る感じですね
(^^)

とても適当に塗ります
これが筆塗りの良さでしょうか
適当なムラが雰囲気を出します











3回ぬったら基本塗装は完了

今回のデカールはシンプルでしたので
サクッと貼って
クリアをかけます

このクリアは筆ではないので
オール筆塗り…ではない…ことになるのかな
…汗




さー
このあとは仕上げです




つづく


タミヤ 1/48 ソビエト自走砲 SU122 その5




タミヤ 1:48 ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲SU122

制作は組み立ての大詰め

細かなパーツの取り付けになります

手摺やOVMを取り付けます
(^-^)






これで組立ては完了です
タミヤヨンパチの凄さを実感できるキットですね
すばらしいパーツ割りで
組立てやすく楽しめました

さぁここから塗装になります
(^^)

今回もタミヤアクリル(水性)でのオール筆塗りで
仕上げていこうと思います

まずは下地ですが毎回やってますハルレッドを更に調色したものを塗ります
このハルレッドが後で利いてくるような塗装にしたいですね





ここでもロコ組したことで
塗装しやすくなってます
(^^)

さぁ乾燥したらロシアングリーンの塗装します

どんなSU122になるのか!?




つづく

タミヤ 1/48 ソビエト自走砲 SU122 その4



タミヤ1:48ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲 SU122

つづきます

車体のほうが進みましたので砲塔へ進みましょう
といっても自走砲ですので砲塔はありません
前向きに122 mm榴弾砲が付いてます
これが格好イイっすね

それではその製作を…







さすがタミヤさんのヨンパチ
パーツ数は少なめでもバッチリのスタイル
可動範囲が広くグイっと動くのでヴィネット作品なんかで表現の幅が広がりそう

さらに車体前面のハッチも一緒に作ります
これはハッチを開けた状態で完成させるのに有効なよう
ハッチ裏側もしっかりと表現されてます
(^^)
今回はハッチは閉状態ですが一応裏側のパーツを組み込んだ状態にしておきます

ここまでくるとSU122の全貌が見えてきますので
ちょっとみてみましょう







くぅぅぅぅたまりませんな
これで大まかな車体の組は終わりであとは細かいものを
組立てていきます

さすがのタミヤヨンパチ
サクサクキットですのでストレスなく組めて
いいですねぇ

どんな塗装にしようか思いを馳せながら
眺めています




つづく







タミヤ 1/48 ソビエト自走砲 SU122 その3



タミヤ 1:48 ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲 SU122

つづきです

車体上部の製作にかかります
(^^)
まずは車体上部裏側に取り付けるパーツ
コレ何すかね
何かのグリルかな…汗
無知で作ります

外から見るとこうなります






続いて転輪ですが
先日塗装しておいたロードホイールなどを文房具の
糊で仮止めします

引っ張れば取れる状態だけど一応くっついてる
という状態
そこで履帯を付けていきます

ヨンパチの履帯は連結式ですが最近はこの連結履帯が好きになってきてます
このSU122は履帯の取り付け位置が指定されてますので
さらに楽チン






左右共に履帯を取り付けましたら
しばらく待ちます
転輪と履帯がしっかりとくっつくまで(^^)

この状態で接地状態を確認しますが
はやりワクワクしますね

しばらくして転輪と履帯が接着できたら
車体から足回りをすぽっと取ります

転輪と車体は糊で仮止めでしたので取れます

これで「ロコ組み」の完成です
この方法だと塗装がやりやすいですね







タミヤ 1:48 ミリタリーミニチュアシリーズhttp://www.tamiya.com/japan/products/32527destroyer/



タミヤ 1/48 ソビエト自走砲 SU122 その2



タミヤ 1:48 ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲 SU122

の製作です
組立て説明書に従って転輪からやってます
パチパチとパーツを切り出しました

アイドラーホイール x2
ロードホイール x10
ドライブホイール x2
と組み立てます





ゲート跡を処理しました
いつもなんですが転輪などはあまりキッチリとはゲート処理しません
…汗
さらっとやっちゃいました
楽しいですね

続いてシャーシに入ります(^^)
シャーシにパーツを取り付ける時はプラ用接着剤が使えませんので
瞬間接着剤を使いますよね







シャーシの組立てができたので
転輪を並べてみました

アイドラーホイールは張り調整のため前後に動かせますので
内側がポリキャップになっていて回るようになっています

足回りに関してはサスペンションが省略されていますので構造は実感できません
これはヨンパチ戦車ですので仕方なし
大型のロードホイールが悠々しさを出してます



ホイールの取り付け…と思いましたが
ロードホイールの外側を先にフラットブラックで塗装しておきます

ホイールの車体側が取り付けると塗装できませんからね
と塗装してみて
シャーシの塗装を先にしておいたほうが良いかと思い
思案しております

ロコ組してみる選択もあるか
どうしようか



ヨンパチSU122の製作は続きます




タミヤ 1/48 ソビエト自走砲 SU122 その1



久しぶりに模型製作の記事です
ヨンパチ戦車いってみましょう

今回は最近調子にのって作りまくっているタミヤの1:48ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲 SU122です

この夏の終わりごろから4台のヨンパチ戦車を立て続けに製作
KV-1から始まりⅢ号戦車L型さらにシャーマン
クロムウェルときて今回はSU122です


箱をあけて
まずは組立て説明書を見てみます

相変わらずタミヤの組立て説明書の時代考証や当時の情景は
作る前のテンションをガッツリあげてくれます


そしてこちらがシャーシ
タミヤヨンパチの特徴であるアルミダイキャスト製です
これがたまらんですね
シャーシの内側に刻印があるように2005年のモデルですね


ランナーは4枚です(転輪のランナーはもう一枚あります)

不要なパーツが少ない(ということは豊富なバージョンが作り分けできない)ですが
そんなに気にしません(^^)
ほどよく細かいパーツでディテールもしっかり
デカールが派手なものは無しです

シャーシと上部を取り付けるビスとワイヤー
各ポリキャップで全てです









このキットは1種類の車体しか製作できませんが
塗装の違いで
1943年のクルスクで活躍したものと
初期生産に見られた迷彩の車体が掲載されています

ソビエト戦車搭乗兵セットを買って
兵隊さんを載せることができるようですので
検討してみます




今回もタミヤアクリル(水性)筆塗りで少々の汚れを施し
改造等は無しで仕上げてみます

さてまずは転輪からです



つづく



タミヤ 1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ
ソビエト自走砲SU-122 
http://www.tamiya.com/japan/products/32527destroyer/index.htm


トップリーグ 第6節 神戸製鋼vsリコー



10月8日の土曜日
東大阪市の花園ラグビー場へトップリーグの試合を見に行ってきました

ラグビーを見るのは2回目
自分でチケットを買っ見るのは初めてです

この日は11:30から近鉄vsトヨタ自動車が行われていて
花園に到着したのはその試合を終わりごろでした
14:00からの試合は神戸製鋼vsリコー

愛用のカメラがカメラですから
もちろんリコーブラックラムズの応援です
(^^)

5節を終了して2勝3敗とふるわないリコーが好調の神戸製鋼を相手に
どんな試合をしてくれるのか楽しみです

正直まだラグビーのルールもわからんし
試合の内容どうこうまで理解できませんが
選手同士の当たりの強さやスピードに圧倒されますね
すごい

試合は終盤
リコーが逆転していたのですが最後に神戸製鋼が最逆転して勝利
ブラックラムズの負け(- -)汗
惜しいなー

また来週も花園でリコーvs近鉄なので見てみようかな
と思います
















リコーブラックラムズ
http://www.ricoh.com/ja/rugby/


アップルジャム&カスタード



2016年10月最初は
ランチパック


アップルジャム&カスタード



先月の角切りリンゴに続き「リンゴ」です

今回はスタンダードにアップルジャムとカスタード
これはハズレは無いでしょう

実食

ふわっとした食感の中にジャムとカスタード
なかなかイケますね
ちょっとカスタードがきついので
もう少しアップルジャムが多いかもしくは味が濃いほうが
よかったかな

おやつにはぴったりです



ブラックコーヒーと一緒に食べたい一品ですね
(^^)


ランチパックデータ

製造:山崎製パン
品名:ランチパック
種類:アップルジャム&カスタード


味付:★★★☆☆
食感:★★★☆☆
企画:★★☆☆☆
端迄:★★★☆☆
雑感:★★☆☆☆


個人的総合評価は………Dランクです
(SS.S.A.B.C.D.E.F,の中から評価しております)



ヤマザキ ランチパック
スペシャルサイト
http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/index.html


チョコクリーム&ホイップ



またまた
ランチパックです今回は…


チョコクリーム&ホイップ



甘いシリーズですが今回はチョコ系

このチョコクリームは期待大
(^^)
まぁホイップが難癖ものですが

実食

とてもほどよいチョコクリームが良し
これもですがホイップはもっと少なくていい

チョコクリーム多めを希望しますね

しかしランチパックの本望です
おやつに食べましょう




ペプシコーラと一緒に食べたい一品ですね
(^^)


ランチパックデータ

製造:山崎製パン
品名:ランチパック
種類:チョコクリーム&ホイップ


味付:★★☆☆☆
食感:★★★☆☆
企画:★★☆☆☆
端迄:★★☆☆☆
雑感:★★☆☆☆


個人的総合評価は………Dランクです
(SS.S.A.B.C.D.E.F,の中から評価しております)



ヤマザキ ランチパック
スペシャルサイト
http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/index.html



10-2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

«   »

Search
プロフィール

Roxo Z-1

Author:Roxo Z-1
・RICOH GR DigitalⅣで街撮りします
・PENTAXでいろいろ撮ります
・PENTAX K-7,K-30,Z-1,ME
・フットボールをよく観ます
・佐川印刷SCが好きです
・プラモデルで暇つぶしします
・模型サークルLAID-BACK会員です
・ストリートスナッパーです
・ランチパックが大好きです
・やっぱり京都がいちばんです
・旧ブログ名は「にょでぃろぐ+」です

京都時計

会社設立 京都市
ありがとうございます
駅弁おいしい

堺市の税理士事務所
ブログランキング
PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

京都観光ガイド
 
QRコード
QR