GLITTER REAL

気ままに写真.模型.サッカーを楽しむ自由人  [this camera has the reflexes of a professional photographer.]

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つむつむ20150131



もう1月も終わり
早いもんです

この冬もたくさん作っておりますが
まだまだチマチマ模型は続きます

プラモってみんな
在庫いわゆる積みプラをしてますよね
m(._.)m
もちろん我が家にも積みプラがあります

年代物や宝物系は無いですが
好きなものは予備と称して同じキットを
2個3個と積みます

最近修行中のウォーターラインや
戦闘機キットは
たくさん積んでありまして
いつでも作れます

んー
幸せといいますか
ええ道楽な趣味ですね


まだまだ寒い日が続きますので
チマチマ模型
がんばります




スポンサーサイト

ロボニャンさん








ロボニャンさん

です

プラモの世界も変わってきましたねホント
(- -)
ニッパー不要!接着剤不要!とか
すごいわ

そんな妖怪ウォッチの中でこの前はジバニャンを作りましたが
今回はずーっと放置してあった
ロボニャンです

塗装待ち状態で目の前にいてはったので
今回は塗装しました

本当はグレーの身体ですがメタリック好きとしては
ロボでメタリック使わない手はない
メタリックパープルで仕上げました

なかなか良いですね
さらっと仕上げたわりには
かわいく出来ました

人気はあるうちは飾っておきましょう

となりにチラッと昨日完成した
タミヤ1/72 フォッケウルフがいらっしゃいますが
なーーーーんか塗装に納得がいかず
汚しと荒いを繰り返しやって
なんとか落ち着いたような感じで(--)

さーて冬の模型ラッシュはそろそろ終わり

フットボールシーズンが始まると
模型製作のスピードが落ちるので
ぼちぼちやりましょうかね







1/72 中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機 隼 その6










中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機
隼Ⅱ型


ハセガワ1/72スケール

完成です

今回は陸軍機らしい迷彩塗装でグッと質感がでたと思います
このキットはコクピットこそ簡素ですが機体のプロポーションがよく
サクサク作れるので塗装もとても楽しめます

1/72スケールの良さは小さいので完成後の展示保管スペースに場所とらない
パーツが少ないので組み上げが早い
塗装が楽といろいろあります
しかしディテールの悪さから細かい作業や調整が必要だったりで
小さいからといって初心者向けではないですね
甘くみてかかると失敗とまではいかなくても
上出来では終われません

ハセガワのキットではなくタミヤならどうかとか
同じ機体が2社からでているなら是非比べてみたいですね
もちろん高価ですがファインモールドのキットも気になります

1/72シリーズはまだまだ続きますが


そろそろ1/700雪風に戻らないと…汗




1/72 中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機 隼 その5





さぁ塗装です
今回は陸軍機ということで塗装には迷彩を施します

迷彩塗装は初めてですが見よう見真似で
チャレンジ
シルバー塗装の上に調合した濃緑色を吹きつけます

うーん
なかなか良いものになったように思います
自画自賛

予想以上の出来栄えにとにかく満足

陸軍機はそれぞれいろいろな迷彩塗装が施されていたそうで
今回の迷彩以外にもチャレンジしたいです
楽しい


次回はいよいよ完成です







1/72 中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機 隼 その4





翼の貼り合わせのあと機体への接着も完了
この翼「よく」が機体に付くと戦闘機としての雰囲気がぐっと出ます

そそります!

そしてプロペラや細かいパーツの塗装を行います
んーいいですね
この戦闘機の模型ですが基本は着陸している状態で作ります
まぁそらそうですわね
飾っておくなら脚が出てる状態になります

しかし
飛行機ってもんは飛んでる状態が格好いいです
ジオラマなどにしないと
そういう状態での陳列ができないのがジレンマです

さぁこのあとは本塗装です








1/72 中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機 隼 その3



隼の続きです

コクピットを塗装しまして
機体を貼り合わせます

しっかりと固定
このとき翼にわずかなヒケがありますが
1/72スケールなんで塗装で質感の一部としてしまいましょう





だんだん隼の形が見えてきました
士気があがりますね

あとはしっかりと固定したまま
接着材が固まるのを待ちましょう

その間に細かいパーツを作っていきましょう

隼はまだまだ続きます





1/72 中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機 隼 その2



ハセガワ 1/72


の続きです
ますはコクピットですが
どーせ見えなくなってしまうんで…すが…
やっぱり作りますハイ

さすが1/72だけあってたいした作り込みはありませんので
いろいろ付け足しておきましょう
コクピット色はカーキグリーンを少々薄くして塗装



あとは翼と機体を合わせて
クリップで挟んでおけばOK

一晩おいておきましょう


しかしこの隼…格好いい
工芸品の域に達しているデザインのゼロ戦に対して
実用的というか
戦闘機感バリバリなんですよね

全体像が見えてくると
いよいよ盛り上がってきます

つづく



1/72 中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機 隼 その1



先日は定番といいますか
ゼロ戦を作ったのですが(^^)
じっくり見ていると…

いよいよ1/72ワールドにハマッていきそうです

今回もハセガワのキットで
中島キ43-Ⅱ 一式戦闘機 隼です

ハヤブサと聞くと現代でもいろんなものの名前に使われるほど
良い名前ですね
今回の隼は陸軍の名機として知られる有名な戦闘機です

工芸品の域まで達しているデザインのゼロ戦に対して
なんといいますか武骨な正に戦闘機という風貌

これをどう仕上げるか楽しみです


ハイカラ…とな




DVDなど見ながら
ウィスキーをいただきましょう
(^-^)

ロックでなら山崎の18年がよろしいんですが
ハイボールなら響がいいなぁ
とまぁ
ファミマのファミからと一緒に
いただきましょう


ちなみにDVDのタイトルは

亡国のイージスです





1/32 フィアレデイ240Z



冬はプラモの季節です
m(._.)m

まぁ体調を崩していた年末年始も
あって撮影に出ることが少なく
ようやく体調も戻っているので
また梅でも撮りにいきますかね


さて
作業台を整理しまして
スッキリしたところ作りかけのキットが
そこそこたまっていましたので

とりあえず
目の前にボディの成形まで終わっていた
240Zをシンプル仕上げで
完全させました


アリイのオーナーズクラブシリーズ
です(^-^)

Zのシルエットというのは
こんなにも素晴らしいのですねぇ
この1/32スケールでさえも
迫力があります


さらっと作ったので
細かいことは抜きに雰囲気です
はい



モーリス ミニクーパー その5




TAMIYA 1/24
MORRIS MINI COOPER
1275 Mk.1


完成です

今回はエンジンルームに半分くらいの時間がかかりましたね
(^^)

キット自体はさすがタミヤさん
合いが良く作っていてスッキリするキットですねぇ
エンジンをシャーシに入れる時にキチキチですが
それもまた良いです

窓ガラスの合いが少々悪い目なくらいですかね




エンジンのディテールアップで
パイピングしましたが
パイプがスケール違いで…汗

まいいか

これのラリー仕様が発売されていますので
また作りたいと思います

楽しめました



モーリス ミニクーパー その4



タミヤ 1/24
モーリス ミニクーパーも
いよいよ終盤戦へ突入です

エンジンルームの再現がほぼ完成

キャブレターからのパイピングなど追加し雰囲気アップしましたが
やはりパイプのスケールが大きすぎましたね
まぁあくまで雰囲気というこでOKにします

あとはコトブキヤのパーツで情報量を増やして
鉄黒色やガンメタなどでそれぞれを塗りクリヤーオレンジなどで
汚しながら少々の艶を出します
あとはエンジンルーム全体に鉄汚れを加えれば出来上がり




シートはグレーを貴重にマスキングして
ボディと同じ3番レッドを塗装するとグレーの上に赤がのるので
ボディより少し暗い赤になります

ちょうどいいかな

さぁ完成まであと少し


(^ ^)



モーリス ミニクーパー その3



モーリスミニクーパー
続きですシャーシを塗り分けしまして

エンジンを載せます
なんかこう気持ち高ぶりますね
いいです

そして
ここまで来たらボディの塗装もしておきます




トップにはホワイトを
ボディにはシンプルに3番レッドです

サフの時点で表面の調整はしておきましたので
まぁなんとかなってるんじゃないでしょうか

ボンネットの白ラインは
んー
ギリ良しとしましょう


後は足回りですね

ちなみにボディのクリアは
ウレタンクリアとかそんな高度なことできないので
普通にトップコートをしっかり
です


(^-^)

モーリス ミニクーパー その2




モーリス ミニクーパー
の続きです

今日はエンジンを作り込みといきましょう

細部塗り分けをしていきます
そして墨入れで立体感アップ
さらにメッキパーツには上から焼鉄色を
重ねておきます

さらにプラグコードをパイピングですが
ちょっとスケールが合ってないなぁ
m(._.)m汗
まぁそこはご愛嬌ということで
進めましょう






そして
アルミ色でマフラーとホイールを塗装
タイヤを履かせて4つの車輪が完成
あとでレトロ感をだしますが
また今度

エンジンには
フロントブレーキ周りを取り付けて
ほぼ完成

エンジンルームがボディ色のため
シャーシの底にまずフラットブラックを
塗っておきました

次回へ進みます(^-^)



モーリス ミニクーパー その1




ミリタリーをたっぷり
楽しんだあとは
のんびりとカーモデルでも(^-^)

カーモデルは子供の頃からの
得意分野ですので
お馴染みのフジミさんインチアップシリーズや
峠シリーズといきたいところですが
もう少しじっくり作れるものをと

タミヤ 1/24
モーリス ミニクーパー 1275S
です






フルディスプレイモデルということで
ボンネットが開閉します
(^-^)
なのでエンジンルームもしっかり再現
これは楽しめます

メッキパーツは
ハイターで剥がして塗装という方が
おられますが
今回はそのまま使うところはそのままで
いきます

さてエンジンから作っていきましょう
モスグリーンのエンジンを塗装
そこへベッドとマフラーを取り付けます

今日はここまで





1/72 零式艦上戦闘機52型丙




昨日は缶コーヒーの
オマケでしたが今夜はもう少し大きいのを…

ハセガワ
1/72 零式艦上戦闘機52型丙
です(^-^)

タミヤの1/48が積んでありますが
まずは練習を兼ねて作りました
んー
飛行機は飛行機で難しいとこありますねぇ

塗装と同時進行の作成には
戸惑いながら
そして組立説明書の段取りが慣れてなくて焦りながら
でした
m(._.)m


しかし
濃緑を塗ったあたりからは
ワクワクが高ぶり
日の丸のデカールを貼る時には
何かこう感慨深いものが何も知らない者なりにも
こみ上げてきましたね

70年前はどんなだったのか
ただただ想像しかできませんが
じーんと想いながら
作りました

飛行機のハセガワだけあって
小さいスケールを感じさせないキットで
とても満足です

タミヤの1/78も作ってみたいですね
52型が好きですが21型も良いですね

52型?五二型?
前の数字は機体で後ろの数字はエンジンの変更だったと思いますが

勉強します





缶コーヒーのオマケ




UCCの缶コーヒーBLACKに
付いてるオマケです

6種類あるんですが
一番好きな五二型にしました

まあ
ディテールはまぁまぁですね

いま
雪風を少し休んで
気分転換に1/72の零戦を
製作中です


(=゚ω゚)ノ

1/700 駆逐艦 雪風 その2



チマチマ駆逐艦製作
1/700 雪風です

艦橋を組立ていきますがちょいと寂しい感じがするので
まずは窓をピンバイスであけて
伸ばしランナーでモールドアップ
さらに扉はピットロードを取り付けて完成
まぁまぁ出来上がりました

アンテナに見立てたランナーは折れそうなので
後で切ります(^^)






そして
駆逐艦といえば12.7cm連装砲!!

画像で左がディテールアップ版の砲塔
右が通常パーツ

これはタミヤのキットでは付属のパーツで取り付け指示
ディテールアップパーツは任意で交換します
アオシマのキットはディテールアップパーツと通常パーツのどちらで
組立するか選べるように指示してあります

…と今回はどちらも使わず
ピットロードのパーツでいきます(画像なし)

ピットロードの12.7cm連装砲は全体的にシャープで
砲塔のキャンバスがしっかり表現されていて
その砲塔も1本づつ取り付けするので良いですね

さらにチマチマがんばります


1/700 駆逐艦 雪風 その1



1/700ウォーターラインシリーズ
駆逐艦 雪風


です

駆逐艦を3隻つくってみて
まずはそれで練習を思っておりました
タミヤの島風
タミヤの綾波に続き3隻目は
アオシマの雪風です

タミヤ・アオシマ・ハセガワの3社で作るウォーターラインですが
それぞれのメーカーで違いがあって
面白いですね

島風の綾波は静岡模型教材協同組合のパーツ
「ディテールアップパーツ」が当然入っておりますが
使用説明があまりなくちょっと不親切です

今回のアオシマ雪風は連装砲などでどちらか選べるよ
という説明で初心者にありがたい組立説明書になってます






さらに艦底部は元々赤で色付けランナーになっているものもあれば
今回のようにグレーランナーのものもあります
だいたい反ってしまってます…汗

でもこの雪風はほぼ反ってなくて
錘を載せてクリップで一晩接着すればまったく問題なしの
まっすぐになりました

あとは艦首部分のパーツが甲板別パーツです

これは艦首側面のヒケを防止するために肉抜きしているので
しかたなく別パーツですね
とはいえ
ちょこっとはヒケてるんですけどね

まヒケ処理をさらっとやりまして
この雪風もいろいろ挑戦して練習したいですね

チマチマやります


amazon 雪風






1/700 駆逐艦 綾波 その6



1/700ウォーターライン
駆逐艦 綾波

完成です

毎日チマチマとやりまして
約一週間
前回に製作した島風より少し
短い綾波
竣工当時の姿が精悍であり誇らしげですが少し汚しすぎまして
あまり竣工当時のイメージではなくなりました

ま改修前のイメージという感じですかね


次回のウォーターラインは
どうしようかと考えてますが
また駆逐艦になりそうです




1/700 駆逐艦 綾波 その5






いよいよ
1/700 駆逐艦 綾波も終盤へ
細い部品を取り付け筆塗装
さらに必要な塗りわけをして一旦塗装は終わり

アンテナには少し伸ばしランナーで余分に付けておきました

んー
なんかできたようなできてないような
(- -)9

そしてデカールです
今回のタミヤ綾波は竣工時のキットのようで
ミナヤアのデカールが付属しています

この艦名は戦前は付いているのですが
大戦中にみんな上から軍艦色で塗りつぶされたそうです
リノリウム甲板も同じだそうで
戦局悪化による資材不足が影響なんでしょうか

まぁとにかく今回は竣工時をイメージで
ということで
リノリウム有りのデカールありです
兵装がぴったり合っているか不安ですが
なんとかここまできたので
あとはスミイレと汚し&張り線で完成といきたいですね



1/700 駆逐艦 綾波 その4







さて
1/700 ウォーターライン
駆逐艦 綾波も半分くらいまで
きたということになるでしょうか

今回は水性塗料での塗装でやってみますが
リノリウムを先に塗装しておいたので
上に載るパーツはすべて別で塗装します

なんとなくマスキングをして
今回はタミヤカラーのXF-75呉色でいきます

12.7cm連装砲や3連魚雷は
ディテールアップパーツに変更
碇も付けときました

このディテールアップパーツは一見どう使ったら良いかわからない
資料的なものが付属しているわけでもないし
変更支持があるキットないキットばらばら
下調べとか予備知識とか無いと袋開けないかも…汗

塗装後にまずはパーツを全部積んでみた

このあとはマストやアンテナを取り付けます



1/700 駆逐艦 綾波 その3






本日も1/700ウォーターライン
駆逐艦 綾波です

12.7cm連装砲や三連魚雷など
付属のディテールアップパーツに交換し
ました
これは交換するのが得策ですね
ゴテゴテしたくない時以外は(^-^)

さらに艦尾あたりの
寂しさを紛らわすためにランナーや
コトブキヤのパーツ流用で
ドレスアップ

今回は水性中心で塗装してみようと
思いますので
とりあえず甲板にリノリウムを塗装しました

このあと各パーツと船体を
軍艦色て塗装します



チマチマ駆逐艦(=゚ω゚)ノ



1/700 駆逐艦 綾波 その2




本日もチマチマと駆逐艦 綾波を
作成しております

実際はこの画像よりも先に
作業は進んでおりますが
(=゚ω゚)ノ

まず艦体側面の窓
これがキットのままだとありません
…汗
あけましょう

ある程度のガイドを貼ったら
ピンバイスでコツコツ
まどをあけていきます

ひと手間です

そして
全体をペーパーがけして
下処理を終わっておきます

次はディテールアップパーツです



つづく




1/700 駆逐艦 綾波 その1



夜な夜なプラモデル
今晩はウォーターラインの2隻目
1/700 駆逐艦 綾波です

吹雪型駆逐艦のⅡ型として建造された綾波

第三次ソロモン海戦で大活躍のあと撃沈しますが
人気の駆逐艦ですね

今回もタミヤのキットです
艦底部はダイキャストではなくプラスチック製です
本体ともに反りがキツイですね

そんな仕上がりになるか
楽しみです


ブルーベリージャム&ホイップクリーム



こんばんは
今年もランチパックをどんどん切ります(^ ^)
2015年最初の俺のランチパックはこれ


ブルーベリージャム&ホイップクリーム


今年最初のランチパックということで
美味しいの選ぼうと思ったのですが

なぜか

悪魔のホイップクリーム領域に入ってしまいました
…涙

もう美味しいとかまずいとか
そういう次元じゃないんです

ホイップクリームがパンの水分を取り
パッサパサ
そこへ食感の合わないホイップクリームがお構いなしに突入してくるという
オゾマシイ状態

これはジャムが何味でも無理なんじゃないでしょうか

おそろしランチパック



今年もランチパックをよろしく


ランチパックデータ

製造:山崎製パン
品名:ランチパック
種類:ブルーベリージャム&ホイップクリーム


味付:☆☆☆☆☆
食感:☆☆☆☆☆
企画:☆☆☆☆☆
雑感:☆☆☆☆☆


個人的総合評価は………Fランクです
(SS.S.A.B.C.D.E.F,の中から評価しております)



ヤマザキ ランチパック
スペシャルサイト
http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/index.html








1/700 駆逐艦 島風 その2




1/700 ウォーターライン
駆逐艦 島風

完成です

寒い夜長をチマチマとウォーターライン
楽しんでしまいました
(^-^)

軽く伸ばしランナーでマストなど追加して
張り線を少し

塗装はリノリウムなしのようなので
簡単でした

適当に混ぜた軍艦色で
さらっと(^-^)
艦艇は元々ダイキャストが付属のキットなので無塗装です

つや消しでウォッシング兼墨入れをして
溶剤で整えたら完成

艦船模型は初でしたが
なんとかできました







1/700 駆逐艦 島風 その1




正月ももう4日
あんまり正月気分はありませんが
今日から2日間は遅めの正月休み
ということで

今年最初のプラモは
1/700ウォーターラインです

実は年末に
同じ1/700ウォーターラインの
駆逐艦 磯風を製作していて
塗装途中に落下撃沈という悲劇があり

再チャレンジとなります

初めての艦船模型ということで
その緻密さとスケールモデルならではの
構造にわくわく
楽しんで製作しております

今回は
駆逐艦 島風です

がんばります(^-^)

目標は空母 瑞鳳です
んー
いつになるかな


FALL DANCING [Jan,1,2015]

R0014709sss.jpg
RICOH GR Digital Ⅳ
Av-mode F3.2 1/1230sec ISO:80 WB:AUTO EV±0 NR=OFF ビビッド




50年以上ぶりの記録的大雪の京都
朝日に照らされた雪がヒラリヒラリと舞っていました。
…☆☆☆









PENTAX RICOH
By RICOH IMAGING
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/









お散歩写真 [2015,1,2]

snaphead.jpg

2015年1月2日(金曜日)
撮影時の京都市 気温0℃ くもり



新年も2日目
京都の大雪は吹雪がおさまり20センチは積もったかと
ほんと久しぶりの真っ白な世界

いつもの道もすっかり景色を変えてしまいました

貴船も積雪日のみのライトアップがあるそうで
撮りにいきたいところですが
仕事で行けません

正月も仕事ですが今年もたくさん撮りたいと思います


R0014652.jpg

R0014653.jpg

R0014655.jpg

R0014656.jpg

R0014657.jpg

R0014658.jpg


写真はすべて
RICOH GR DigitalⅣ(2011年 発売)
絞り優先モード ISO:AUTO ブリーチバイパス(暖色)
コントラスト:7 シャープネス:9 周辺減光:微弱
WB:マルチパターンAUTO
AFモード:スポットAF 測光モード:マルチ


露出補正しているものもありますが
細かい設定を気にせず撮ってますので詳細は記載しません

RICOH GR DigitalⅣ
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/gr-digital4/






01-2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

«   »

Search
プロフィール

Roxo Z-1

Author:Roxo Z-1
・RICOH GR DigitalⅣで街撮りします
・PENTAXでいろいろ撮ります
・PENTAX K-7,K-30,Z-1,ME
・フットボールをよく観ます
・佐川印刷SCが好きです
・プラモデルで暇つぶしします
・模型サークルLAID-BACK会員です
・ストリートスナッパーです
・ランチパックが大好きです
・やっぱり京都がいちばんです
・旧ブログ名は「にょでぃろぐ+」です

京都時計

会社設立 京都市
ありがとうございます
駅弁おいしい

堺市の税理士事務所
ブログランキング
PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

京都観光ガイド
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。