ROXO - BLOG

気ままに写真と模型を楽しむ自由人

 

2017年 秋の準備



2017年も11月になりました
いよいよ紅葉の季節ですね

今年も我が相棒たちと一緒に秋を切り取りましょう
(^^)

紅葉撮影に向けてメンテナンスなどを施して準備万端のカメラは
PENTAX MZ-3
PENTAX K-7
です

MZ-3にはPENTAX 50mm F1.4を装備しました
この50mmレンズはデジタル機のK-30やK-7などに付けると35mm換算では70mmを超えてしまい
少し使いつらいレンズです
まぁいつもスナップが多いので広角が好きですからよけいにですね
そんな50mmレンズがフィルム機のMZ-3に付けるとそのまま50mm画角ですから非常に使えるレンズに
なります

しかもF1.4ですから絞ってF2あたりから実用的だとすると楽に撮れますね
もちろん私自身はF8大好きですから明るいのはそれほどですがね

この50mmレンズは色目が少し赤めなイメージがあるのでフィルター等で補正することなく
鮮やかなものが撮れるはすです


さらにK-7に装着しているのは28-70mm F4です
これは時代でいうならフィルム機時代のものでMZシリーズが発売されていた頃の
標準ズームレンズです
古いレンズです
しかしこの28-70mmは使えるんですよねぇ
F4通しというのも使い勝手がよい(たぶんテレ側のFに合わせてるだけ)

まず軽い!
軽量であることはありがたいです
そして意外にもデジタル機との相性バッチリで色目が好き

PENTAXデジタル機に搭載されているCTEを使えばネイチャーからスナップまで素晴らしい色目です
そしてF8あたりでの描写は古さを感じさせません
というかアマチュアレベルでPCやスマホ画面では最新型のレンズとの差がわかりません
(^^)

とくに最近はスマホ画面で見ることが多いですから
このレンズのように軽くて程よいズームは助かります
ですので最近はころ古いレンズで撮ることがほとんどで
レンズの特性も慣れてますのでこの秋はこれでいきましょう

シグマの28-50mm F2.8も購入してるあるんですが…重すぎます
紅葉を楽しむことも大切ですから持ち歩いて疲れるレンズは敬遠しますね

紅葉を身体いっぱいに感じて
そしてその一瞬を切る
そんな写真を今年も撮れますように



by PENTAX


PENTAX-FA 28-70mm F4のこと

久しぶりにレンズの話

今回はFAレンズです
(^-^)

PENTAX-FA 28-70mm F4
というレンズで
とても安く手に入ります
…だいたいオークションで数千円

このレンズはMZシリーズのころに標準レンズとして
付けられていたようで
軽くてMZシリーズには合いますね

MZ-3を持ってますが見た目もバッチリ
これは気持ちが良い

F4通しが目につくわけですが
巷の記事にもあるようにF4通しといいながら
解放側が犠牲になっているF4通しですね

まぁ解放F4でも相当歪みますので
構わない決断でしょう
むしろF4通しという格が付きますから
良いわけです(^-^)

いつも解放では撮らないので全く問題なし
F8好きにはお手軽レンズです
絞って撮ると確かにシャッキリと輪郭が出て
繊細な絵になりますね

特にPENTAXのデジタル一眼レフに搭載の
ファインシャープネスなどを強めると
ぐっと引き締まった仕上がりです

52mmというレンズ口径も大きすぎず良し
K-30なんかに装着すると軽くて
フットワークよくなります
=(^.^)=

フルサイズ対応ですのでAPS-Cサイズでは
28mmが広角端だと少し狭いですね
特に広めを好む自分としては少々難あり
それでもこの軽さと望遠端の画角は助かりますので
常用したいものです

今回はK-7に装着し
ISO400固定の鮮やかモード
ホワイトバランスはオートで撮影してきたものを
載せておきます

ISOは200までにしたかったんですが
撮影日は曇天
∑(゚Д゚)
曇天での撮影ということで
コントラストを強くしています


安くて使えるレンズ
PENTAX-FA 28-70mm F4 AL






















ゆり園フォトコンテスト 2016




大阪南港ゆり園
平成28年度のフォトコンテストで
入選いたしました

今年もなんとかなりました
d(^_^o)


PENTAX K-30
PENTAX DA 21mm F3.2 AL Limited








smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

R0014562.jpg

新しいレンズが手に入りました
(^^)

smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

Limitedレンズです!

HDコーティングの最新版はちょっと手がだせなかったけど
このレンズは初めてのLimitedレンズなので嬉しい

実はずっとFA35mmかFA50mmで悩んでました

Z-1もあるしFAレンズのなかでもFA35mmの(隠れスター)描写が
ほしかったんですが
どうしても気になったのが画角

K-30やK-7に付けると35mmでも50mm換算超え
これではスナップができない
どうしても大好きな28mmで撮りたくて

結果DA21mmとなりました
ま結局は32mm程度になるんですが…
描写力については最新版HDコーティングの方が断然上と評判ですが
28mmでパシャっパシャとスナップするなら
強烈な描写力より軽くて味のあるレンズがいいです

本体650g(バッテリー含む)のK-30につけてもレンズが140gと軽量なので
合わせて790g
これは軽い!
これなら何処へでももっていって苦にならない

少し重いK-7でも本体は750gなので
合わせて890gと軽量
いいじゃん

このレンズでGR DigitalⅣとはちがったお散歩写真を狙ってみようと思います


まぁリバーサルフィルム(CI)とCTEの組み合わせで
バシッといきますかね


LOVE PENTAX



PENTAX K-7 (2009)



PENTAX K-7
2009年 発売

KAF2マウント・1460万画素CMOSセンサー
画像エンジンはPRIMEⅡ

K10D→K20Dと引き継いできたハイエンド機が
プレミアムスモールとして登場した迷機・・・汗

はK-7はその後ペンタックスのデジタルでは傑作といわれるK-5
さらに王様K-3へつながるわけですが
このK-7があったからこそ
この味一番の長男K-7はスペックでは語れない魅力がある

smc PENTAX DA18-135mmなど装着してみると
たしかにAF遅い(涙)
もたつく…とはこのことだ
さらに画像処理はクラス10のSDカードを使っているのは
もちろんだけども遅い
サクサク撮れるというわけではない

しかし
単焦点でカラーイメージをリバーサルフィルムを選び
ホワイトバランスはペンタックス独自のCTE
21mmあたりの広角レンズなら街撮りは無敵だろう

本体は670gとK-30の590gよりは重いといえば重いけど
40mmパンケーキあたりと組み合わせていれば
携帯性に不便なない

この独特の雰囲気を持つK-7
どんなレンズで撮ろうかどんな街を撮ろうか

その時その場所に生きた証
永遠の中の刹那
刹那の中の永遠

http://www.camera-pentax.jp/k-7/



11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

«   »

Search
プロフィール

Roxo Z-1

Author:Roxo Z-1
・RICOH GR DigitalⅣで街撮りします
・PENTAXでいろいろ撮ります
・PENTAX K-7,K-30,Z-1,ME
・佐川印刷SCが好きです
・プラモデルで暇つぶしします
・模型倶楽部LAID-BACKの代表です
・カーモデルとAFV制作が中心です
・バイクはYAMAHAが一番です
・ランチパックが大好きです
・やっぱり京都がいちばんです
・旧ブログ名は「にょでぃろぐ+」です

京都時計

会社設立 京都市
ありがとうございます
駅弁おいしい

堺市の税理士事務所
ブログランキング
PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

LIVE CAMERA KYOTO
京都観光ガイド
 
QRコード
QR
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ