GLITTER REAL

気ままに写真.模型.サッカーを楽しむ自由人  [this camera has the reflexes of a professional photographer.]

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都紅葉案内 2016 圓光寺




今年の紅葉はこれだけになってしまった
(゚∀゚)
11月21日の朝
圓光寺さんへ

限定の早朝特別拝観を予約していたので
7:30から9:00までゆっくりと庭を堪能し
撮影もできました


Photo by PENTAX K-7

















スポンサーサイト

藤袴とアサギマダラ 2016




2016,9,30
今年も早いもんでもう明日は10月

この時期は恒例の水尾
d(^_^o)

朝予想より早く起きて京都駅へ
そのまま山陰線で保津峡駅に向かいます
が…
嵯峨嵐山駅でいったん下車
最近集めだした駅スタンプを押します

ホームに戻って次に入ってきた各停に乗ります

8:03に保津峡駅に着いて
水尾へ行くマイクロバスに乗ります

250円なんですが
5,000円だしましたら
まさかのお釣り用の札が無いとのことで
ぎょーさん100円硬貨をもらいました
(//∇//)汗
パンパンになった財布を持ってバスへ

曲がりくねった細い山道を進むこと
5分ほどで水尾集落に到着です

30件に満たない民家
そんな水尾集落にポンと出てくる藤袴畑は
淡い色味d(^_^o)
隣りのコスモス畑のが色付いていても
何故か華やかに見えます

そこへ渡り蝶であるアサギマダラがやってきます

今年は藤袴の咲きがイマイチのようで
アサギマダラも少なかったです


マーキングのアサギマダラも水尾のものしか
見つけられなかったのも残念
また来年ですね
((๑˃̵ᴗ˂̵)















福井の旅 2016 夏




夏の18きっぷ
ふらっと福井へ

敦賀行き新快速に乗って
快適に敦賀着
そこから各駅停車の福井行きで
今庄まで

今庄で下車し越前そばを食べようと
いうことです

しかし…今庄のそば屋さんは
11:00からの営業
今庄に着いたのは10:00過ぎ
(=゚ω゚)ノ
こりゃダメだ

そこで結局また工事中の今庄に戻り福井へ

武生で下車して福井鉄道に乗り換えようかとも
思いましたが
そのまま福井まで乗りました

福井駅は初めてでしたが
もうすでに3年後の新幹線ムードでしたね
近代的な駅はあんまり好きではありませんが
時代の流れです

最新設備が必要ですわねぇ

福井駅前には恐竜がいるのは知ってましたが
動くとは知りませんでしたので
びっくり
しかも鳴いてました

すごい
★彡

グルメはヨーロッパ軒
もちろんソースカツ丼
そら美味いに決まってます

満腹になって福井駅へ戻る途中
えちぜん鉄道の新型低床車両
キーボに会えました

いやーかわいいね
うん
これは良い

キーボ!

お土産は焼き鯖寿司
羽二重餅と共にぶら下げて各駅停車で
敦賀へ

あとは姫路行き新快速で京都まで
楽チン帰路でした

こういうサクッと旅も18きっぷの良さかな

d(^_^o)






















讃岐の旅 2016 夏 後編



2016 夏の旅は讃岐!!
高松でたっぷり讃岐うどんを堪能し
いよいよ今回の目玉

高松港からフェリーに乗ります
12:00発のフェリー「めおん2」に乗船です







高松港を出るとフェリーは瀬戸内の穏やかな海を進みます
これはとても気持ちいい!!
デッキで風を受け景色を見るだけでも値打ちアリ

絶景です
(^^)

20分ほどでまずは女木島に到着
ここは鬼ヶ島伝説のある島で興味深々ですが今回は降りません
また今度かな

すぐに女木島を出航してさらに20分ほどで
今回の目的地

男木島に到着です








高松港から約7.5kmの小さな島です
この島でも瀬戸内国際芸術祭が開催されていて
いたるところにアート作品があります

まずは男木港には一際目立つ屋根が目印の
男木島交流館があります
これ好きです
(^^)

猫がたくさんいると調べていたのですが港には
あまり猫がいません
あれ…まいいか

しかし暑い!!
13:00ですからね
そりゃー暑いです







港を出てまずは歩きます
島には平地がほぼなくすごい高低差です
日差しと坂にやられそう

10分ほどあるくと

歩く方舟

があります
これはシュール

なんか青空に突き出した突堤に立つ作品に
見とれてしまいます







そのあともアートな男木島をぐるりと一巡り
よー歩きました
汗だく

しかし…なぜか…猫がいません
あれ…汗

5匹くらいはいました…が
あれ…汗

暑すぎましたかね

今回はたくさんの猫たちには会えませんでした

15:00の船に乗りますので
交流館へ戻ります
2時間ちょっとの島めぐり
楽しかったっすね

そして高松へもどったら
各駅停車で琴平行きに乗りまして

八十場駅へ向かいます











八十場駅についたら
駅から
徒歩10分弱

名物ところてん!!
d(^_^o)

湧き水の流れる緑いっぱいの中で
冷たいところてん
ええっす

今回は黒蜜にきな粉をチョイス
あまりきな粉は得意じゃないんだけど
旅ですからね
チャレンジ

ま…きな粉はよしとして
ところてん美味い
冷たくて良いです
(^_^)v

一時の涼を得て駅に戻ります







丸亀駅に移動したのは
17:00くらいでした

ここまできたら丸亀駅すぐの

一鶴さん
骨付鳥をいただきます

店内は涼しくて汗がひきます

待つこと10分
スパイシーな骨付鳥が運ばれてきました

こりゃビールがたまらん
パッリパッリの皮にジューシーな肉
もう最高

朝から
讃岐うどん!
ところてん!
骨付鳥!
満足(^_^)v

香川をたっぷり楽しんで
18:08丸亀発の電車で坂出
坂出でマリンライナーに乗り換え
夕陽の沈む瀬戸内海を見ながら
帰りました







今回の讃岐旅
食べ物も見るものも
初めてがたくさんあって
満足度高い旅でした

まだまだ暑い夏は続く!




讃岐の旅 2016 夏 前編



2016年7月28日
京都駅の始発 5:21発 姫路行に乗車
夏の旅

夏でも5:20ではまだ薄暗いホーム
まずは座席を確保し姫路まで



7:30 姫路での乗り換えは待ち時間なし
向かいのホームに黄色の113系がおりますので
乗り換えますが
座れません

まぁ先ほどまで2時間も座っていたので
立ってるのも悪くない

相生からは座れたので
のんびりと山陽本線

上郡で智頭急行を見過ごし岡山へ到着






岡山での乗り換えに時間があるので
桃太郎線に止まっていたラッピング車を撮って
そのあと
高松行きマリンライナーに乗車

京阪神では見慣れた223系も
先頭にグルーン車が付くだけで
なんだか違う列車にみえます



10:26 高松着
京都を出て約5時間
四国は高松です!

おっと高松駅に着いたら
改札出る前にd(^_^o)うどん!

ホームの端
改札の手前左におあります

連絡船うどん






本日の一食目
しょうゆうどん

つるつるでコシは少し
最初のうどんにはピッタリ★彡
美味い美味い美味い
やはり讃岐うどんは美味い

今回は船に乗りますので
駅舎を出たら港に行きたいところですが
出航の12:00まではうどん行きましょー









まず県庁方面へ歩いて10分ちょい
丸亀や宇多津でいつも必ず行く

こだわり麺や

先ほどしょうゆうどんだったので
釜玉にしようと思ったら時間かかるって
ことなので
またしょうゆうどん!

肉ぶっかけに
したらよかったなと後で後悔

サクッと食べて
そこから徒歩10分

瓦町にあります

たも屋

ここではカレーうどんをチョイス

両店とも
たまらん美味い!讃岐うどん美味い!

素晴らしいです
暑い街を歩きながらのうどんでしたが
お腹いっぱいになりましたので

高松港へ戻りましょう






瓦町からは
ことでんに乗ります
高松築港駅まで二駅で190円

なんと切符には懐かしいパンチが
入ります
(^_^)v

なーとなくレトロなことでんに揺られ
高松築港に到着
すぐ前に港が間ありますので

そこからはフェリーです


つづく



04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

«   »

Search
プロフィール

Roxo Z-1

Author:Roxo Z-1
・RICOH GR DigitalⅣで街撮りします
・PENTAXでいろいろ撮ります
・PENTAX K-7,K-30,Z-1,ME
・フットボールをよく観ます
・佐川印刷SCが好きです
・プラモデルで暇つぶしします
・模型サークルLAID-BACK会員です
・ストリートスナッパーです
・ランチパックが大好きです
・やっぱり京都がいちばんです
・旧ブログ名は「にょでぃろぐ+」です

京都時計

会社設立 京都市
ありがとうございます
駅弁おいしい

堺市の税理士事務所
ブログランキング
PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

京都観光ガイド
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。