ROXO - BLOG

気ままに写真と模型を楽しむ自由人

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジミ 1/24 R33 GT-R 製作日記その2



フジミのR33のつづき
まずは穴埋めされてモールド表現になっているラジエーターグリルです
これは抜いておきましよう

ギコギコと裏面からナイフを入れて手間をかけて
抜きました
まぁこれくらいは何でもないですね
抜いた表面を処理しておわり

さらにホーリーを使ってモールドを深めに
しておきましょう
この作業も丁寧にやればやるほど
いつまででもできるんでしょうけども
軽くね

んそれ以外のパーティングラインなども
サラッと消してサフを吹きました
okでしょう
足回りはフジミらしく手軽に組める構造です
これがいいんだ

内装は塗り分けなしでシンプル仕上げ

こういうサクサク工程がカーモデルでもできるし
とてもストレスフリーである


つづく



















スポンサーサイト

フジミ 1/24 R33 GT-R 製作日記その1



フジミ 1/24
日産 スカイライン GT-R
R33

なぜか突然に(^^)R33やり始めました

そりゃもうタミヤ...いやいやフジミでしょっ!
( •̀ᴗ•́ )/

サクッと製作ならフジミさん
さぁ開封っ
おぉぉフジミさんにしては珍しく運転席と助手席の窓がついてるタイプだ

そしてフロントのラジエーターグリルがモールドじゃんっ!
こりゃくり抜いかにゃあかん
ひと手間かかるぞ

まぁオーソドックスにミッドナイトパープルで仕上げたいところです
どのような仕上げになるか
もちろんお気楽仕上げ

カーモデルは凝り凝りに凝って絶妙に仕上げるもよし
お気楽にまったり仕上げるもよしなのです

どこまでやらねばならないことはない
しかしキットがビシッと決まってると
なんかビシビシにやらないとあかん気がする...

そんな時はフジミ!
キットが気楽な造りやからのんびり製作できるわけです
さぁやってみましょう

つづく











タミヤ 1/24 370Z 完成



ずっとリベンジ中だった
タミヤの1/24 日産フェアレディZ Z34
370Z が完成しました!

前記事のように赤で仕上げようとがんばっていたキットにサヨナラしまして
今回リベンジ
パールホワイトでの仕上げで奮闘しておりました

組むことにはもう心配はいりません
前回やってますのでね
なので内装は簡単に黒を基調にマルーンでアクセントを入れました
それ以外はそのまま無改造

ボディのほうも無改造で
ホワイトサフの上からタミヤのパールホワイトを
缶スプレーで塗装です
ボディ塗装は缶スプレー派だったりします
(^^)

クリアはガイアのexクリアを
中研ぎ3回の上から最終吹きして
ラプロス8000番からタミヤコンパウンドで
艶出しです

モールドの深堀りをもっとやっておかないと
いけなかったと後悔することや
白系塗装はゴミが目立つ!
とにかく小さいホコリ!?ゴミ!?まぁどっちゃでもいいや
何個も付いてます
でもいいの大丈夫!気にしない気にしない

そんなの気にしてたらカーモデルが嫌になっちゃうからね
適当なところで妥協

そんなことで大好きなZですから
やりきって正解
なんとかなりました

さぁ次は何をやろうかしら

( •̀ᴗ•́ )/









模型サークルlaidback所属

370Zにリベンジ中




制作日記が書けないほど
なんだかドタバタしている模型ライフです
(*゚-゚)

今年に入ってからカーモデルは研ぎ出しでツボに
ハマってしまいまして
どーしたら良いのかわからなくなっていた

鏡面仕上げにもレベルがあるし自分の思う鏡面仕上げにたどり着くためのプロセスが
なかなかうまくいかなかった

年明けからボチボチとはじめたタミヤの370Zと
ハセガワの240ZG
この2台のフェアレディZと格闘することになる

(*´ω`*)

まずはタミヤの370Z
ビビットなレッドを目指して下地からオリジナルブレンドのレッドを塗装
ビシッと決まった
もう1台はハセガワの240ZGこちらはメタリックブルー
これは思ったブルーではなかったがクリアブルーを上塗りする事で深みが出て納得のブルー

この制作の模様をブログにアップしようと記事も書いていたが
研ぎ出しで大きなツボにはまる
(*´ω`*)汗


赤い370Zは2000番のペーパーをしっかりかけたがその時の具合が悪かったようで
その後どれだけコンパウンドをかけても
艶は出ない
辛うじて艶が出てもペーパーの時のキズがでてしまう
んー失敗だ

そこでこの370Zにはシンナー風呂に入ってもらってボデー塗装をやり直すことにした
なかなか辛い作業だけどやり直すほかない

サーフェイサーからの出直しで赤は赤でもメタリックレッドに生まれ変わった370Z
これはこれでカッコイイし納得の塗装のなった

1回目のクリアが乾燥するまで
メタリックブルーの240ZGを研ぎ出しだ
この240ZGはペーパー3000番から始めることにする

370Zは2000番からのコンパウンド

この手法はなんとなくネットなどで見る方法なのでやってみたが
2000番からコンパウンドでうまくいくとは到底思えない
ホント

そらそーだよなぁ

で240ZGは3000番からはじめてみる
2000番からはじめればそのぶん平滑になるんだろうけど
3000番からやってみる
んーまぁたしかになんとかなってるけど納得できない
そこでこれを中研ぎとして再度クリア

なんだか370Z と240ZGでわけが分からんくなってきた
(*゚-゚)

シャーシや内装については両者問題中なく制作が進みます

んーなんとかボデーを納得したものにしたい
...

そして2台とも研ぎ出しに入ります

ラプロスの6000番と8000番を使用して
水研ぎしコンパウンドとします
コンパウンドはタミヤです

このプロセスは自分にも合っているようで
ある程度の艶を得れるので気に入りました
しかしなーーんか物足りない
でもこれ以上は...
ということで
完成させてしまうことにしました

370Zは細かいパーツを付けて...とおっと
メタルパーツを失くしているじゃないっすか
(*゚-゚)
しかも何を思ったかサイドミラーとスポイラーは
まだ未塗装っ!
わぉ

ほんと未熟者です

なんかテンション下がってしまって
それでも制作を進めていると
ハマりが悪かったヘッドライトカバーを
パキッと折ってしまうアクシデント
もうダメだ

研ぎ出しでなかなかうまくいかない模型に
嫌気がさしてきていて
とにかくリセットしたくて
370Zには塗装の勉強をさせてもらったと
お別れした

ここまで1ヶ月以上もうだうだしていて
辛い
やっぱり模型は完成させることが大切だなと
ほんと思った
こだわることも大切だけど完成させる喜びは
なにものにも変え難い

そして240ZG
研ぎ出しはそこそこうまくいったが
なんとオーバーフェンダーの取り付けで
塗装を痛めてしまう痛恨のミス!


もう泣くに泣けません
 (。-`ω´-)

こりゃ塗装にばかり頭が集中してほかのこと
ぜんぜんダメだ
このまま塗装をやり直し元気と勇気と体力なく
この240ZGにも大変勉強になりましたと
お別れすることに

...

大切な二つものキットを完成させることなく
お別れしてしまい
模型のモチベーションが最大に低下
厳しい!!


そんな370Zと240ZGの弔い合戦かのように
先日フジミのアウトビアンキA112アバルトを
完成させました

このキットは何度か作っていたし
組み安いのもあって
塗装に集中できたんです
そのアバルトは神ヤスの6000から8000
そして10000と番手をらあげて
そこからコンパウンドという手法でやってみると
なかなか納得の艶

これならとヨドバシカメラのプラモコーナーで
再び手に取ったのは370Z
フェアレディZを完成させたいの一心
ひと皮剥けた持てるテクニックで
370Zにリベンジとなりました

今回の370Zはエレガントなパールホワイト

ゴミが目立つ恐ろしい白系塗装ですが
なんとかなんとかokの塗装となりました
中研ぎを3回やって研ぎ出し
今回はラプロスの6000のみでコンパウンドへ

これでもメタリックならそこそこのツヤがでたのでokとして
今完成に向け小物を取り付けてます

長々と書きましたが
とにかくプラモは完成させないとモヤモヤがたまるだけ
妥協はあってもそれは次につながるから
まずは完成させないと!
そんなことしみじみ思いながら制作しています

ここまで370Zと書きながら右ハンドル仕様なので... フェアレディZ Z34ですね
まぁどっちでもええか











さぁ週末は鈴鹿サーキットなので
来週中に完成なるか
( •̀ᴗ•́ )/



タミヤ 1/20 マクラーレンHonda MP4/7 制作日記5 完成




まずはこれで完成!
2月はこのマクラーレンをずっとやってました
( •̀ᴗ•́ )/

フォーミュラモデルはホントじっくりやらねば
完成時にすべて影響する
実感

そこそこ手抜きというかお気楽仕上げでやった
とこはじっくり見るとアラが目立つ
まぁそれもひとつの模型の形
こだわり続けて完成が伸びるのは自分には合わないし
楽しむことが一番なのでこれで良しです

最後のアンテナが付いてない画像ですが
んー
やっぱりマクラーレンHondaは格好いいし
オーラがある

このMP4/7
最後のHondaエンジンとして走ったわけだど
作りながら読んだり見たりした資料で伝わるHondaの情熱と
セナのHonda愛

ウィリアムズに負けハイテクマシンにやられまくっても
自らを見つめて走り続けたMP4/7
哀愁のV12エンジン


キットのことを考えるとリアウイングが一発抜きなので
塗り分けが大変でしたね
さらにリアウイングは形がかなり違う...
(*´ω`*)
なんかあるんかな

そしてボックスアートが無く黒箱なので
制作中のモチベーションアップ材料が少ないのは
残念でした

初めてマクラーレンを作りましたが
また別のマクラーレンマシンを作りたくなりましたね


( •̀ᴗ•́ )/















07-2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

«   »

Search
プロフィール

Roxo Z-1

Author:Roxo Z-1
・RICOH GR DigitalⅣで街撮りします
・PENTAXでいろいろ撮ります
・PENTAX K-7,K-30,Z-1,ME
・佐川印刷SCが好きです
・プラモデルで暇つぶしします
・模型倶楽部LAID-BACKの代表です
・カーモデルとAFV制作が中心です
・バイクはYAMAHAが一番です
・ランチパックが大好きです
・やっぱり京都がいちばんです
・旧ブログ名は「にょでぃろぐ+」です

京都時計

会社設立 京都市
ありがとうございます
駅弁おいしい

堺市の税理士事務所
ブログランキング
PHOTOHITO

PHOTOHITOブログパーツ

LIVE CAMERA KYOTO
京都観光ガイド
 
QRコード
QR
 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。